2016年8月13日土曜日

サウンドメイク編

曲を久々にUPしたわけですが偶にはどういうプリセットで作成しているのか、メモがてら書いてみようかと思います。
今回はギター、バッキングのみになります。

ちなみにプリセットは今回のSave The Universeに限った設定であり、実際参考になるかは微妙です。
前提としてアンプのセッティング等は使用している機材により大きく変わるという拭えない事実があるわけですから、
全く参考にならない可能性がありますが、あくまでメモという事でご了承を。
じゃあ何で書くんだ。知らん。


まず公開したファイルじゃMIXがへっぽこでよく分かんねーよ!とお思いだろう。
慌てなさんな。そんな事もあろうかとココにギターとドラム以外全部抜いた音源を用意しておいたんじゃ。



まぁ無駄にフルだが最後まで聞く必要はこれっぽちも無い。
とりあえずこんな感じの、俺の内面を髣髴とさせる温もりサウンドである。
かなりミスが多いがそこに俺の大らかさが反映されていると言えよう。

プラグイン。セッティングは画像の通り。


まず前段にコンプをぶち込む、ガッツリと。
molotはとてもいい。ロシアの広大な大地を感じ取ることのできるコンプだ。


続いておなじみのTSE808。有名なペダルをエミュレーションしている。
ドライブは掛けずブースターとして使用。音を太っちょに。


さてアンプ。Ignite AmpsのEmissary。
イタリアの情熱的なスタイルを表すかの如く、エロ…イかしたサウンドである。
最近のお気に入りではあるものの、Highがかなり出るのでシャリシャリしやすい。
Gainはかなり絞っている。実際歪みは結構少なめ。低音もツマミでは気持ち程度。


こちらもIgnite Ampsのキャビネットシム。イタリアの情(ry
Soundcloudで知り合った「Amner-Hunter」氏のIRと、有名なGod's Cabを使用。
Hunter氏はメヒコである。アスタラビスタ、ベイビー。
現在はYoutubeで活動しているので気が向いたら見てみると良い。

最後にEQでハイパスローパスと、部分部分を微妙に削りサウンドメイクに限っては終了。


というわけで戯けた解説、結局ブログのネタ止まりな気がしました、以上。