2012年3月30日金曜日

DEUS EX

先日steamでのスクエニセールで購入したDeus Exが非常に良ゲーだった。去年リリースされたHuman Revolutionではなく、Eidosがスクエニに買収される以前、00年の所謂初代Deus Exの方。
RPG-FPSの先駆者として当時のゲームオブザイヤーにも選ばれたゲームで、今まで興味はあったものの、なかなか購入には踏み切っていなかったけれども、セールという事でやっとプレイ。

感想としては初代Half-Lifeと同様、これこそが面白いFPSなんだなと。今となってはPSレベルのグラフィックにチープな印象を受けるかもしれないけれど、それを補うゲーム自体の面白さ。

FPSといえば一般的に想像されるであろう、銃でガンガン打ち合うゲーム、というわけでは無く、RPG要素である主人公の成長や、街での情報収集などもあり、主人公の成長具合によっては狙っても弾が当たらない、行動によって人物の生死が変化する等、FPSと言うよりはRPG、もしくはAVGに近いのかもしれない。

クリアタイムはプレイスタイルによって大分変わるだろうけど、割とステルスプレイに徹し、探索もしていた為か、やり直しや死亡でのロスタイム含め25時間という、FPSにしてはかなりのプレイタイムに。かなりサクサク進めても初見では15時間程度かかりそうなボリュームだった。

グラフィックに拘りがなく、ハードボイルドな近未来FPSかつストーリーが楽しみたいなら非常にお勧め。更に言うと秘密結社とか好きなら尚更。後はメタルギア好きにもお勧めできるかもしれない。

Human Revolutionは前日譚らしいのでコッチもその内やってみようかなと思った、いつになるか知らんけど。