2022年12月31日土曜日

スーパー年越しティルトウェイト

あっという間に今年もおしめーでございますが、22年もファッキンブログにお付き合いいただきありがとうございました。更新頻度すらアレな感じでしたが来年はDTM関連含めもうチョイ頻度が上げられればと思っています。まぁDTMに関してはモチベ云々以外が理由というのは以前書いた気がしますが……毎年似たような事言ってんのよねー。

年内にやる予定だった音源のDL関係もいい加減着手しないとあかんですね。Twitterはイーロンのドタバタ劇場を機に戻ろうかとも思いましたが、結局変わってなさそう……というかワンチャン悪化してそうなので様子見でござい。お世話になった方もいるので一応すっごくたまーに覗いてはいます。

Steamリプレイに関しては起動確認や30分程度で積んだゲームもあるのであんまアテにならないですね。そもそもSteam外で遊んでたゲームも多いですし、予想外にESOにハマってた期間もそこそこあったので。

というわけで以下いつもの。Wizの新作スマホゲー楽しみにしておりますです。

2022年11月13日日曜日

アパラチア

今やビョーンと共に「Soilwork」の中核と言っても過言ではない存在だった「David Andersson」が9月中旬に亡くなられました。どうも最近のライブには参加していなかったらしく、アルコールや精神的な問題を抱えていたようで……いやはや寝耳に水、思いもよらぬ出来事で実にショッキングな訃報です。新作は歴代でも屈指レベルで本当に素晴らしかった……ご冥福を祈ります。

結局今年は1曲も上げずに終わりそうですが、サイト閉鎖の頃も暫く充電期間があったんで、まぁこういう時期もあるでしょうと開き直っております。あとiLokが駄々を捏ねてライセンスマネージャーからPCが認識されなくなる、なんて事が起きたりもしたので……いつになったら全部リセットしてくれんねん。

以下いつもの。

2022年9月11日日曜日

Daemon Engine

ここ最近、書き留めてはいるものの1ヵ月以上放置で結局書き直しというパターンが多くなっております。怠惰なのです。

8月の頭は丁度WackenやらEVOやらの時期という事であっち見たりこっち見たり。どちらもオフライン開催という事で3年振りでござい。
格ゲーの大会はオフじゃないと全く見る気がしないので、参加者減と言えど今年のEVOは非常に楽しく視聴することができました。まぁ正直格ゲーへの興味はここ2,3年で大分失われましたけど……。

Gamescomでもいろいろ情報が出ていましたが、The Surgeシリーズでお馴染み「Deck 13」の「Atlas Fallen」は期待しています。鎧のビジュアルなんかが「Lords Of The Fallen」ぽかったので同じ系譜かと思いきや、そっちはそっちで「CI Games」から続編が出るようです。こちらはきっとビジュアルで期待してる方が多いタイトルかと思われますが、PCゲーム界隈では悪名高いB,C級製造メーカーという事をよく知っている方はそれほど期待していないんじゃないかと思います。

国産ゲームはTGS待ち。というわけで以下いつもの。

2022年7月3日日曜日

Symbolic

またもや放置な今日この頃ですがお察しください。

最近はレギュラーチューニングに戻して色々試したり、超久々にアンププラグインを新調したりはしました。少人数の新興デベロッパーという事もありバグや安定性の問題が多々見受けられますが、サウンドはかなり好みですしfixも継続して行っているので積極的に使っていきたいなと思っています。何処のプラグインかは人に勧められる段階になったら書くかもしれません。

DTM関連も元気に停滞中です、これまたお察しください。というわけで以下いつもの。

2022年4月16日土曜日

エイボンとかやたらとムチムチしたルナとか

とても思い出深い作品がまさかの移植ということで珍しく単発更新。昔ラスボス戦BGMのアレンジも公開してたアレです。

「女神転生外伝 新約ラストバイブル」G-MODEアーカイブス+版発表。フィーチャーフォンに向けた同作がSwitchで遊べるように(4Gamer.net)

ラストバイブル自体の説明は要約されているので省略。GB等でリリースされていた作品とは似て非なるものです。

フィーチャーフォン専用RPGとして当時「アトラスWeb」にて購入できたアプリだったんですが、明らかに他アプリとは一線を画す出来の良さで個人的には未だに強く記憶に残り続けている作品です。新約シリーズとしては3作リリースされており、特に2作目は陰鬱で強烈なストーリー展開により根強い人気がある作品でした。3に関しては某シナリオ担当の方が抜けてしまい、大きくテイストが変わった事により世間的にもイマイチな評価となってしまいましたが。

「創世のエル」という姉妹編的な作品もありますが……言及はしないでおきましょう。

数年前からG-MODEが内外問わず所謂ガラケーアプリの再リリースに熱心な事もあり、可能性は限りなく低いものの新約移植もワンチャンの期待は持てるようにはなっていました。本来新約に関しては権利関係が複雑そうではあったので二度と世に出る事は無いんだろうなぁと半ば諦めていた作品ではあります。未だに新約3作の為に黄ばんだ液晶のガラケーを手元に残してあるくらいです、コレを手放したらどう足掻いてもプレイできないゲームでしたから。

3はともかく2だけは本当に移植されてほしい作品だと思っています。あとは微妙に参入しているSteamの方でもリリースしてくれる事を祈るばかりでござい。

ちなみに当時私が遊んだガラケーアプリでタメを張れるのは、リメイクレベルの作り込みだったアプリ版「大貝獣物語」くらいだったと思います。アレもホントに出来の良い作品でした……あちらに関してはプレイ中にデータ通信が必要だったため残念ながら現状でプレイする方法は一切ありません。